うるま市ふるさと納税特設サイト

芭蕉布テーブルセンター【芭蕉布こもれび工房】 詳細ページ

特産品名
芭蕉布テーブルセンター【芭蕉布こもれび工房】
寄付金額
61,000円以上の寄付で貰える
取扱時期
通年
提供元
特産品内容
芭蕉布テーブルセンター 1点

縦:51cm(房を含む)
横:およそ30cm
重さ:およそ19g

染料:琉球藍(藍色) 福木(黄色)

手績みの糸で織っていますので、商品により大きさに多少の違いがあります。
商品コメント
芭蕉布こもれび工房の畑で育った糸芭蕉を使って昔ながらの製法で織り上げた100%芭蕉布のテーブルセンターです。

名古屋帯用の比較的細い糸を使用した繊細な作品です。




両端に琉球藍(藍色)と福木(黄色)の糸で絣模様を施しています。
絣模様はジンダマー(銭玉)という名前がついています。


◆手績みの糸で織っていますので、商品により大きさに多少の違いがあります。

◆お渡しは芭蕉布のみです。

◆芭蕉布は光に反応して変色しますので、直接日光があたるところを避けて設置してください。
◆汚れたら、麻布と同じ要領でやさしく手洗いしてください。ただし漂白剤は使用しないでください。8分ほどかわいたところでアイロンをかけるとシャキッとした張りがでます。

◆芭蕉布は時間の経過とともに濃い色に変化する性質があります。それも本物の芭蕉布ならではの味わいとして楽しんでいただけると幸いです。


■芭蕉布こもれび工房

芭蕉布とは、バナナの一種である糸芭蕉の繊維で織り上げた沖縄を代表する織り物です。
サラッとして肌にまとわりつかずシャリ感があります。しかもそのシャリ感は何年たっても変わることがありません。
かつては、高温多湿の沖縄の夏に最適の布地として、広く親しまれていました。








芭蕉布こもれび工房では、昔から引き継がれてきた伝統的な製法にこだわり、糸芭蕉の植えつけから糸作り、染色、織りなどのすべての工程を手作業でおこなっています。










また、当工房では、布製品を販売するだけでなく、バッグや財布、小物などに加工し、より多くの人に芭蕉布の良さを体験していただけるよう努めております。


【地場産品基準について】
うるま市で取り扱っているお礼品は、全て地場産品基準に適合しております。

特産品は月末締め集計後に発送するため、最長で約2ヶ月程お時間をいただいております。
また特産品によって準備ができ次第の発送もございますので、ご理解のほど宜しくお願いいたします。