うるま市ふるさと納税特設サイト

芭蕉布・カジュアルバッグ【芭蕉布こもれび工房】 詳細ページ

特産品名
芭蕉布・カジュアルバッグ【芭蕉布こもれび工房】
寄付金額
110,000円以上の寄付で貰える
取扱時期
通年
提供元
特産品内容
横幅(最大部):31cm
高さ(持ち手を除く):27cm
重さ:280g
素材:表地=芭蕉布100%
   染料=琉球藍、車輪梅、福木
   内側=ナイロン
   ハンドル=ロービキ綿、木
   玉縁=牛革

※糸作りから縫製まで、全て手作りで行なっていますので、製品ごとに大きさや重量に多少の違いがございます。
商品コメント
芭蕉布こもれび工房の定番バッグです。

型は定番ですが、使用する布は毎回違いますので1点ものともいえます。
ジーンズのようなカジュアルな装いにも、着物姿でのお出かけにもお使いいただけます。




8寸帯に使えるようにしっかりと打ち込んだ芭蕉布を使用しています。
全体は無地糸と藍糸を交互にいれたカタシジという織り方で、デニムのような味わいがあります。
バッグの上の部分には、片面は車輪梅の茶色の入った布を、もう片面には福木の黄色の入った布をパッチワークしてあります。その日の気分で、どちらを表にするか決めるのも楽しいのではないでしょうか。






内部片面には2つのオープンポケットがありスマートフォンやパスケースをパッと取り出すことができます。もう一方にはファスナーポケットがあり大切なものをしまうことができます。

芭蕉布は時間の経過とともに飴色に変わって行くのが特徴です。使用している染料も全て天然のものですので多少の色落ちや変色が考えられます。
現在の芭蕉布が年を経るとともに変化していく様子も又、本物の芭蕉布ならではのものだとお考えいただければ幸いです。
 
持ち手は綿のロービキコードでできており、何年経っても色あせることがありません。また、型くずれをふせぐため牛革で縁取りをしています。


※芭蕉布の製品を陽のあたるところに長時間おいていますと、陽のあたった部分だけ変色してしまいます。ご使用にならない場合は、箱か袋に入れてクローゼットなどへおしまいください。

※芭蕉布こもれび工房の糸は全て天然草木染めです。色落ちや色移りすることがありますのでご注意ください。

※糸作りから縫製まで、全て手作りで行なっていますので、製品ごとに大きさや重量に多少の違いがございます。


■芭蕉布こもれび工房

芭蕉布とは、バナナの一種である糸芭蕉の繊維で織り上げた沖縄を代表する織り物です。
サラッとして肌にまとわりつかずシャリ感があります。しかもそのシャリ感は何年たっても変わることがありません。
かつては、高温多湿の沖縄の夏に最適の布地として、広く親しまれていました。








芭蕉布こもれび工房では、昔から引き継がれてきた伝統的な製法にこだわり、糸芭蕉の植えつけから糸作り、染色、織りなどのすべての工程を手作業でおこなっています。










また、当工房では、布製品を販売するだけでなく、バッグや財布、小物などに加工し、より多くの人に芭蕉布の良さを体験していただけるよう努めております。


【地場産品基準について】
うるま市で取り扱っているお礼品は、全て地場産品基準に適合しております。

特産品は月末締め集計後に発送するため、最長で約2ヶ月程お時間をいただいております。
また特産品によって準備ができ次第の発送もございますので、ご理解のほど宜しくお願いいたします。