うるま市ふるさと納税特設サイト

船の端材でつくったピアス (ドロップ型Aタイプ) 詳細ページ

特産品名
船の端材でつくったピアス (ドロップ型Aタイプ)
寄付金額
10,000円以上の寄付で貰える
取扱時期
通年
提供元
合資会社 越來造船
特産品内容
ピアス(ドロップ型Aタイプ)
木のパーツ タテ:約2cm

材質:杉
金属部分の材質:真鍮・ステンレス
商品コメント
船の端材を使って作ったドロップ型のピアス。雨粒をイメージした模様をほどこしています。
防腐防虫剤未使用、身体に優しいナチュラルな木材を使用した、シンプルなピアスです。




船の端材でつくったピアス

越來造船は直接、山や現地に行き、自らの目で木を選びます。
これらの木材は木造船の建造に使われますが、木造船の部位や性能に適さない部分は捨てられてしまうことになります。
こんな良い木を捨ててしまうのはあまりにもったいないという事で、船の端材を使って、
雑貨やこのようなアクセサリーを作ることにしました。

木には木目があり、同じデザインでも一つ一つ表情が違います。
なので必然的に一点ものになり、その商品は世界でお客様だけが持っているものになります。
また、木は経年で色や質感が変わるので、お客様とともに成長し、より愛着がわきます。
ふだん、生活の中で直に木に触れることも減ってきてると思います。
ぜひ一度、越來造船雑貨部の商品を手に取って、木の手触りや温もり、香りを感じてみてください。




ふなだいくのざっかやさん

沖縄県で四代続く木造船大工、越來造船(ゴエクゾウセン)。
二代目は与那城町 指定無形文化財(マーラン船建造技術)保持者。
三代目はうるま市 指定無形文化財保持者(マーラン船建造技術)。

木造船を作る過程で出る端材は、品質は悪くないのに、木造船の部位を作るには大きさが足りない、適さないなどの理由で捨てられてしまいます。
それでは木がもったいないということで、これまでも身の回りの様々なものを、造船の過程で出た端材を使って作っていました。

しかし、身内だけで、多く出る端材を消費することはできません。
そこで、木造船、船大工の啓蒙も兼ねて、船の端材を使った雑貨屋さんを開くことにしました。

越來造船雑貨部で使っている木は、船大工自らが山に行って選んだ木です。
製材する過程にも立ち会い、防腐防虫剤未使用、身体に優しいナチュラルな木材となっています。
なので、子供が触ったり、間違えて口に入れても安心です。
ぜひ、一度、手にとってみてください。


※写真はイメージになります。木目、色味、濃淡は一点一点異なり、画面上と実物では少し印象や雰囲気が変わることがあります。


【地場産品基準について】
うるま市で取り扱っているお礼品は、全て地場産品基準に適合しております。

特産品は月末締め集計後に発送するため、最長で約2ヶ月程お時間をいただいております。
また特産品によって準備ができ次第の発送もございますので、ご理解のほど宜しくお願いいたします。