うるま市ふるさと納税特設サイト

【琉球ガラス】イラブチャー・丸口グラス(小)(ペア) 詳細ページ

特産品名
【琉球ガラス】イラブチャー・丸口グラス(小)(ペア)
寄付金額
27,000円以上の寄付で貰える
取扱時期
通年
提供元
特産品内容
琉球ガラス
イラブチャー・丸口グラス(小)(マルクチグラス)(ペア)
作家 琉球ガラス 匠工房
サイズ 高さ約10.5cm 口の直径約7cm
カラー グリーン×ネイビー
重さ 約200g
商品コメント
琉球ガラス・匠工房が制作する「イラブチャー・フリーグラス」。グリーンとネイビーが織りなす独特のマーブル模様は、まるで西洋の印象派の絵画のよう。

魅力的な深いグラデーション。

表面はサンドブラスト加工が施されています。内側のクリアーな質感との対比も魅力的です。グラスの中央が膨らんでいるため手に収まりやすく、サンドブラスト加工の表面は触り心地がなめらかで使いやすいデザインになっています。






【琉球ガラス 匠工房】

ガラス職人・松田英吉氏が2000年、沖縄県うるま市に設立したガラス工房。沖縄の海や魚など自然をモチーフにガラス作品を作り続けている。工房ではガラス体験をすることができる。併設されたギャラリーでは色彩鮮やかなガラスたちを見て買うことも可能。『琉球ガラス』とは、沖縄本島を中心に制作される工芸品のこと。


匠工房 松田英吉プロフィール
1962年 沖縄県恩納村生まれ
1981年 琉球共栄ガラス工房入社
1990年 仲間6人と共に吹きガラス工房 燦 設立
1995〜1998年 第47・48・50回 沖展入選
2000年 吹きガラス 匠工房 設立
2001年 第一回沖縄市工芸フェア展 入選
2002年 第二回沖縄市工芸フェア展 
          沖縄市議会議長賞受賞
2002年〜2004年 第54・55・56回 沖展入選
2009年 沖縄県伝統工芸士に認定
2019年 沖展第71回 奨励賞 受賞


※こちらの商品は、工房の作家が一つひとつ、丁寧につくっています。それぞれに微妙な味わいや特徴があり、作った季節や、天候などの影響を受けることで、画一的な仕上がりにならないのが、琉球ガラスの魅力の一つでもあります。このため、ご覧になっている画像と、若干、仕上がりなどで違いが生じる場合がございます。この旨、ご了承頂いた上で、お選びいただければ幸いです。

※受注生産の為、お届けまでに3ヶ月程お時間を要する場合がございます。ご了承お願い致します。


【地場産品基準について】
うるま市で取り扱っているお礼品は、全て地場産品基準に適合しております。

特産品は月末締め集計後に発送するため、最長で約2ヶ月程お時間をいただいております。
また特産品によって準備ができ次第の発送もございますので、ご理解のほど宜しくお願いいたします。